10万円を今日中に借りるコツとは?

10万円を今日中に借りるには「審査」について基本的なことを頭に入れておく必要があります。

 

そもそも審査に通らなければお金は借りることが出来ませんからね。

 

ですので、以下で審査の基本事項について紹介しておきますので目を通しておいてください。

 

審査の基本事項

審査内容

審査内容ですが各金融機関によって違いがあり、その審査基準に関しては公表されていないので、審査に関してははっきりとしたことは言えない部分があります。

 

ただ、審査は申し込みの時に記入する他社借り入れ件数や他社借入額、収入、勤務形態、勤続年数、これまでの滞納履歴の有無などを見られて判断されます。

 

他社借り入れ件数や借入額が多いと、どうしても審査には通りにくい位といえますし、収入も多いほうが審査には通りやすいです。

 

あと、勤務形態もアルバイトやパートよりも正社員のほうが通りやすいですし、勤務年数も長いほうが審査には通りやすいと言えるでしょう。

 

滞納履歴があって61日以上の長期滞納をしたことがある方は、金融事故を起こしていてブラックリスト入りしているわけなので審査のは通りません。

 

重要事項

上記のような部分を審査の際に見られますが、だからと言って嘘を書くことは絶対にダメです。

 

他社借り入れ件数などはすぐにバレることですし、嘘をついた時点で審査には通りませんからね。

 

働いてなくて無職の状態なのに、どこか適当な職場を書いていても、在籍確認がありますのですぐにバレてしまいます。

 

無職とかブラックの方はそもそも借りることが出来ませんので金融機関でお金を借りるのは諦めてください。

 

最終的に闇金に行きつくという方も多いのが現実ですが、闇金のあまりにも違法な金利は絶対に返済できないと言えます。

 

あと、今日中に10万円必要な場合は、銀行カードローンに申し込みしてはいけません。

 

銀行カードローンは即日融資は不可能で、利用するまでに申し込みしてから2週間程度かかるのが平均です。

 

ですので、銀行カードローンは申し込みしないようにして下さいね。

 

あと、必要なお金は10万円なので、希望借入額も多くても20万円程度にしておきましょう。

 

少額な希望借入額だから審査が甘いという訳ではないですが、高額な金額になるとどうしても審査が慎重にはなりますからね。

 

必要書類

必要書類ですが、10万円を借りる場合は基本的に本人確認書類があれば大丈夫です。

 

どういうことかというと、

 

・50万円を超える金額を借りる場合
・他社借入と希望借入額の合計が100万円を超える場合

 

このどちらかの場合には収入証明書が必要なのですが、このどちらにも当てはまらない場合には収入証明書は不要だからです。

 

ですので、10万円を借りる場合に、他社借り入れがないと本人確認書類だけで大丈夫なのです。

 

他社借り入れがある方は、その他社借入金額によって収入証明書が必要な場合もあります。

 

本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」「健康保険証」などがあげられます。

 

審査に今日中に通るコツ

申し込み前に内容の確認

なるべく早く審査に通るためにも、最終的な申し込みボタンを押す前に、内容をもう一度確認しておきましょう。

 

この申込内容に間違っているところや、記入漏れなどがあった場合は、その分消費者金融側の確認などに時間がかかってしまいます。

 

自分の電話番号が間違っていたり、在籍確認の電話がかかってくる職場の電話番号を間違っていたりすると、そもそも連絡を付けることが出来ずに示唆に落ちてしまうということも考えられます。

 

今日中にお金が必要ということで、焦って記入ミスをしてしまうことはよくあることですからね。

 

ですので、いくら急いでいるからといって焦らず今一度申込内容を確認してから、申し込みボタンを押すようにして下さい。

 

在籍確認

消費者金融側は申込内容に嘘がないかというのを確認しなければいけませんので、職場への在籍確認は基本的に行われます。

 

在籍確認がどういうものかというと、消費者金融名を名乗ってかけてくるのではなく「斎藤といいますが、○○さんいらっしゃいますか?」というようにあくまで個人名でかかってきます。

 

ですので、職場の方にもばれませんので、そんなに気にするものでもないです。

 

もし、どうしたのか聞かれたらクレジットカードを申し込みしたので、その在籍確認だったと言っておけば問題ないでしょう。

 

この在籍確認ですが、もし本人がいなくても、職場に在籍はしているということが分かれば大丈夫です。

 

ただ、仕事の時間外になっていたり、仕事が休みの日だったりすると、在籍確認が取れないので職場が翌営業日になってからの在籍確認になります。

 

なので、今日中に欲しいという方はなるべく仕事中に申し込みしておくほうが良いでしょう。

 

そうはいっても、休日に今日中に10万円借りたいとなると、消費者金融側に相談してみると、社会保険証や給料明細書の提出で確認してもらえる可能性もあります。

 

ただ、絶対にこの社会保険証や給料明細で大丈夫という訳ではなく、状況によっては在籍確認が必要な場合もあるので注意してください。

 

基本的に在籍確認はあると思っておいたほうが良いでしょう。

 

WEB完結の金融機関を選ぶ

カードローンの申し込み方法として「ネット申し込み」「来店申し込み」「電話申し込み」がありますが、「ネット申し込み」が一番早いですので今日中にしんさにとおしたいかたはネット申し込みを利用してください。

 

また、消費者金融だとネット上ですべてが完結するWEB完結が利用できます。

 

どうい事かというと、ネットで申し込みして必要書類などはスマホのカメラで撮影してアップロードし、契約が完了すればいつも使っている銀行口座に振込してもらえるということになります。

 

カードも必要なくカードレスで、いつもの銀行のキャッシュカードを使ってお金をおろせばいいだけということになります。

 

このWEB完結の消費者金融ですが、消費者金融によってはカードの送付はあるというところもあるオンで注意してください。

 

完全に郵送物もなく利用したいという場合は、郵送物もないWEB完結の消費者金融を選びましょう。

 

この申し込み方法だと、郵送物などから家族にバレるという心配もありませんし、いち早くお金を手に入れることが出来ますからね。

おすすめの借入先

プロミス

10万円借りる際の借入先として、まずおすすめなのが『プロミス』です。

 

何故プロミスがまずおすすめなのかというと、プロミスはプロミスとはじめてご契約の方で、Eメールアドレスを登録して、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択することにより、30日間無利息で利用することが出来るのです。

 

大手の消費者金融は無利息サービスを用意しているところが増えてきていますが、他社の無利息サービスの場合、無利息期間のカウントダウンが契約日の翌日からということになります。

 

でも、プロミスの場合初回利用時の翌日からカウントダウンされるようになっているのです。

 

どういうこと?と思うかもしれませんが、他社の場合申し込みして契約すると、すぐにお金を借りなかったとしても翌日から無利息期間は始まってしまうのです。10日後に実際に借りると10日間は経過しているということになります。

 

でも、プロミスの場合は初回利用日の翌日からなので、契約の10日後に実際に利用したとしても、そこから30日間無利息となり無利息期間に無駄がないのです。

 

このページを見ている方は今日中にお金を借りたいという方だと思うので、ほとんどの方が契約後にすぐに借り入れするであまり関係ないかもしれませんけどね。

 

あと、最短1時間での融資も可能となっているので今日中に10万円借りたいという方も大丈夫です。

 

カードレスでキャッシングできるWEB完結で申し込みも可能となっており、原則的にですが24時間365日振込が可能な銀行が多いので、必要な時に深夜とか気にすることなく借入することが出来ます。

 

審査はだいたい21時ぐらいまではやっているので、今日中に借りたいという場合は遅くとも20時までにはネット申し込みを完了させておきたいところです。

 

20時までにネット申し込みが完了しておけば、審査がスムーズに進めば今日中に借り入れすることが出来るでしょう。審査がスムーズに進まない場合は、翌営業日になる可能性も十分ありますので注意してください。

 

実質年率 500万円
最高融資額 4.5%〜17.8%
審査時間 最短30分

 

アコム

アコムもおすすめできる消費者金融です。

 

アコムにも無利息期間があり、アコムを初めて契約する方ならば契約日の翌日から30日間無利息になります。アコムを初めて契約という条件だけなのでハードルが低いですね。

 

ただ、先ほどのプロミスとは違って契約日の翌日から30日間なので、すぐに借り入れする予定の方が利用するのがベストです。今日中に借りる方はアコムで全く問題ありませんね。

 

審査も最短で30分とかなりスピーディですし急いでいる人には適した消費者金融ですね。

 

アコムは楽天銀行ならば24時間いつでも振込可能ですし、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、、三井住友銀行、みずほ銀行も振込できる時間が拡大されていたり、その他の地方銀行などでも振込時間が拡大していたりします。

 

もしその時間帯に振込できない銀行だったとしても、自動契約機にカードを取りに行けば、すぐにカードを手に入れてカードを使ってキャッシングすることが出来ます。

 

一点注意しないといけないのが、アコムはカードは送られてくるか先ほどのように自動契約機に取りに行くかはしないといけません。ですので、完全なWEB完結という訳ではないので注意してください。

 

カードが送られてきたら困るという方は、自動契約機に事前に取りに行くようにしましょう。

 

あと、アコムのローンカードはクレジットカード機能の付いたアコムマスターカードにすることもできます。クレジット機能がついていればショッピングするときにも使えて便利ですね。

 

このアコムマスターカードも今日中に発行することが可能となっています。即日発行できるクレジットカード自体が少ないので、このアコムマスターカードは即日発行できるクレジットカードとしても貴重な存在です。

 

実質年率 800万円
最高融資額 3.0%〜18.0%
審査時間 最短30分

 

レイクALSA

レイクALSAはカードレスで利用することが出来るので、郵送物もないWEB完結で完了してしまいます。

 

借入するまでにはWebで申し込みから最短60分で融資も可能ですし、21時までに契約手続き(審査・必要書類の確認含む)が完了すれば当日中に振込することが可能です。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。)

 

日曜日は18時までとなっているので、日曜日に今日中に10万円必要となった場合はなるべく早く申し込みしておくようにして下さい。

 

振込キャッシングも可能ですし、契約後にスマホアプリをダウンロードし、セブン銀行ATMに行ってキャッシングすることもできます。

 

レイクALSAにも無利息期間があるのですが、レイクALSAの場合無利息ローンが選べるようになっています。

 

初めての方を対象として、Webで申し込むと60日間利息0円または借入れ額のうち5万円までが180日間利息0円という無利息ローンがあります。

 

どちらかお得な方を選ぶといいですね。

 

10万円の借入の場合だと、返済回数が3回以内ならば60日のほうが良いですし、6回以上になると180日のほうがお得になるでしょう。

 

注:初回契約翌日から無利息
注:無利息期間経過後は通常金利適用。
注:30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息は併用不可。
注:60日間無利息はWeb申込限定。
注:いずれの無利息もご契約額が1〜200万円の方が対象。

 

融資額 1万円〜500万円
貸付利率(実質年率)

4.5%〜18.0%
※貸付利率は契約額及び利用残高に応じて異なります

利用対象者 満20歳〜70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)

自分のメールアドレスを持っている方

遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式

残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式

返済期間・回数

最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回〜60回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰り上げ返済により、返済期間・回数は借り入れ及び返済計画に応じて変動

必要書類

運転免許証等
※収入証明書(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)

担保・保証人 不要

お金を借りる上での注意点

お金を借りるうえで重要になってくるのが『金利』ですね。

 

10万円といった比較的少額な金額の借入ならば、そんなに各金融機関などの金利差は気にならないですが、それでも支払うものはなるべく少なくしておきたいですので金利は低いに越したことがないでしょう。

 

金融機関のホームページを見ていると金利は、「○○%〜△△%」といったように記載されています。○○%の部分が最低金利で、△△%の部分が最高金利となっています。

 

この金利帯の中から、示唆によって決められた融資限度額によって適用金利が決まるようになります。

 

融資限度額が高額になればなるほど○○%といった最低金利に近い数字が適用されるようになり、融資限度額が少額になればなるほど△△%といった最高金利に近い数字が適用されるようになります。

 

希望借入額が10万円ならば、最高金利が適用される可能性が高いので、最高金利がいくらぐらいなのか?ということを見ておかなければいけません。

 

まず、今日中に借りることが出来るのは消費者金融のみなので、各消費者金融の最高金利の低い順に紹介します。消費者金融の場合正直ほとんど差はないですけどね。

 

各消費者金融の金利比較
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
レイクALSA 4.5%〜18.0%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%

 

このようになっていてプロミスだけ最高金利が17.8%となっていて、他の消費者金融は18.0%となっていて変わりがありません。

 

0.2%だけにはなりますがプロミスが他社よりも金利が低いので、プロミスを利用したほうが支払う金利は少なくて済むということになります。

 

ただ10万円の借入で0.2%の金利差ならば正直ほとんど変わらないと言えるぐらいの数字になりますが・・・。

 

どれくらいの金利差になるかというと、プロミスの17.8%で10万円借りて20回払いした場合の総支払利息は16,289円、他社の18.0%で10万円借りて20回払いした場合の総支払利息は16,480円となります。

 

その差は、191円ということになります。そんなに大きな差にはなりませんね。

 

差は少ないとはいえってもジュース1本は買える金額ですので馬鹿には出来ないかもしれませんね。どうせ借りるのならばプロミスのほうがお得なのは間違いないでしょう。

 

次に、即日融資は無理なので今日中に借りることは出来ませんが、銀行カードローンの金利も見てみましょう。

 

各銀行カードローンの金利比較
りそな銀行 3.5%〜13.5%
ソニー銀行 2.5%〜13.8%
イオン銀行 3.8%〜13.8%
みずほ銀行 2.0%〜14.0%
楽天銀行 1.9%〜14.5%
三井住友銀行 4.0%〜14.5%
三菱UFJ銀行 1.8%〜14.6%
じぶん銀行 2.2%〜17.5%
オリックス銀行 1.7%〜17.8%
ジャパンネット銀行 1.59%〜18.0%

 

このようになっています。じぶん銀行やオリックス銀行、ジャパンネット銀行に関しては最低金利は低いですが、最高金利に関しては消費者金融とそんなに変わらないですね。

 

低いところだと13%台となっていて、そのうえでも14%台という感じになりますね。その他の地方銀行なども見ると14%台のところが多いでしょう。

 

ちなみに、先ほどのように14.5%で10万円借りて20回払いした場合の総支払利息ですが13,161円になります。

 

先ほどの消費者金融と比べると3,000円以上の差が出てきますね。

 

あくまで10万円の借入なので、そんなに驚くほどの金利差はないですが、もしお金を借りるまでに時間がかかってもいいという人がいれば銀行カードローンの利用を検討するのも良いでしょう。

 

借入金額に注意

とりあえず10万円だけ借りるのならば、借りすぎて返済に困るということはないでしょう。

 

ただ、今回10万円借りたことにより、今後も繰り返し利用してしまう可能性もあります。

 

限度額内ならば繰り返し利用できるのがカードローンのメリットではありますが、ついつい使ってしまうというデメリットにもなります。

 

今回は10万円の限度額だったとしても、あとで増額の申し込みもできるわけなので、増額してしまったことによりどんどん債務が膨らんでしまうということもあります。

 

こうなって借りすぎてしまわないように注意しておいてください。

 

お金を借りる時は最低限度だけ利用して、余計なものには利用しないということが大事です。

 

借入金額が多くなって返済が大変になってきてしまうと、遅延が続くようになってしまい、最終的にブラックリストに載るという可能性も十分ありますからね。

 

くれぐれも返済計画をちゃんと立てたうえで利用するようにしましょう。

お金を借りる理由

実際のユーザーがどのような理由が借りているのか?

10万円を借りる理由ですが、その人によって色々ありますが以下のようなものがあります。

 

【ショッピング】
ショッピングをするのにカードローンを利用する人も多いです。

 

ショッピングならばクレジットカードを利用するのでは?と思われるかもしれませんが、クレジットカードは使いたくなり理由がある方であったり、カードが使えず現金払いのみといった場合もあります。

 

なので、ショッピングの為のお金を借りて支払いするのです。

 

洋服でもちょっといいアウターを購入しようとすると、10万円ぐらいするものも結構ありますからね。

 

ブランド物のバッグや財布だと10万円では足りないこともあるでしょう。

 

【急な出費】
やはり急な出費というのは生活しているとあります。

 

冠婚葬祭ってなぜか重なってしまうこともありますよね。1か月で2階の結婚式となると2次回費とかご祝儀とか合わせると10万円ぐらいは必要になります。

 

あと、急に会社で飲み会が決まって持ち合わせがなかったりということもありますね。

 

こういった時にも借りている人は多いです。

 

 

【クレジットカードの支払い】
クレジットカードの支払金額が多くなって支払えなくなり、その支払いのためにカードローンでお金を借りるということもあります。

 

クレジットカードが払えないという状態はあまり良い状態ではないですが、払えないのならば一時的に借りて支払うというのも一つの方法ですよね。

 

クレジットカードも延滞を繰り返して長期延滞になってしまうと、ブラックリストに登録されてしまいますからね。

TOPへ